公正証書について

公正証書とは法律実務(裁判官、検察官、弁護士など)に長く携わってきた方たちが公証役場でつくる文書です。公正証書をつくる主なメリットは以下のものが挙げられます

  • 証拠能力
    法律の専門家が作成する書類なので、公序良俗に反するような内容であったり、無能力によって取消すことのできる法律行為についての約束事は書面にはしない。したがって、高い信頼性があるとともに、証拠能力が高いため後に裁判となった場合に有利に働くケースも多々あります。
  • 執行力
    債務名義としての効力 裁判所の判決と同様の実行力・拘束力をもつ公正証書に「約束が実行されない場合には、直ちに強制執行を受けるものとする」といった一文を加えることによって、裁判所の判決を得ずに直ちに強制執行がかけられます。
  • 心理的圧力
    証拠力として高い公正証書を作成することによって、相手方に心理的なプレッシャーを与え、債務の履行を促すことができます。