行政書士と離婚業務

離婚業務の専門家と言えばまず「弁護士」が思い浮かぶ方が多いと思います。実際、弁護士は協議離婚、調停、裁判すべてに関わることができるので紛争性の高い離婚の場合は最初から弁護士に依頼するほうがよいでしょう。

しかし、日本では協議離婚が約90パーセントを占めます。殆どの夫婦が話し合いによって離婚に合意しているということになります。

離婚に合意していて、条件面でもお互いに話し合いができる場合は行政書士という選択も考えてみてください。

行政書士に依頼するメリット・デメリット

行政書士、弁護士の一番大きな違いは行政書士は相手側と代理交渉が出来ないという点です。
ただし、協議離婚では当事者間の話し合いで解決するケースも少なくありません。

また、行政書士は離婚協議書・公正証書作成と書類作成に特化しているので、比較的リーズナブルな料金の事務所が多いです。