離婚の種類

離婚の種類には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4種類があります。

協議離婚
・裁判外で、夫婦双方の合意により離婚が成立する。
調停離婚
・家庭裁判所において、夫婦双方が離婚に合意すれば調停による離婚が成立する。
審判離婚
・離婚調停において、夫婦一方が離婚に承知しなくても、家庭裁判所が独自の判断で「離婚を宣言(審判)」する。
裁判離婚
・裁判による判決をもって離婚する。離婚訴訟は、まず離婚調停をした後でなければすることができず(調停前置主義)、かつ、民法770条に定める理由がなければ離婚することはできない。

※民法770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
①配偶者に不貞な行為があったとき。
②配偶者から悪意で遺棄されたとき。
③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき。