面会交流

離婚で離れて暮らすことになった親にも、子どもと会ったり、連絡することが認められており、これを面会交流といいます。

子どもと会う以外にも、電話・メールなどのやりとり、学校行事を見学するなどの行為も面会交流にあたります。

子どもを引き取った親は、別れた相手とは会わせたくないと思っていても、理由なく子どもとの面会を拒否することはできません。なぜなら、面会交流は子どもの権利でもあるからです。

ただし、相手に会うことが子どもの福祉にとって害がある場合(暴力をふるう、連れ去りのおそれがある等)は、面会の拒否や制限をすることができます。